Ryosuke Akaiwa
赤岩 亮輔  
動画撮影・編集担当

PROFILE
プロフィール

学生時代

小学校から大学まで野球に打ち込む。高校では甲子園を目指し特待生として入学。大学でも、硬式野球部副主将としてチームを牽引するなど、朝から晩まで野球に明け暮れる。

社会人1~2年目

一年目は賃貸の不動産営業をしていました。(B to C の営業)

APJ入社後

動画撮影、編集を行っています。

INTERVIEW
インタビュー

これまでのキャリアについて教えてください。

大学時代から割とアクティブに働いていましたね。バイトで通信機器の訪問販売や人材業界で人材紹介をする法人営業などをして、新卒で入ったのが大手の不動産会社で賃貸営業をしていました。

これまで営業の仕事が多かったんですね。仕事も順調だったと思いますが、その後、APJに入ったきっかけはありますか?

新卒で不動産会社に入社したのですが、2・3年目の先輩を見た時に、自分の未来が描けなくて。ただ数字を追うだけの人生は嫌だなと思いました。個の時代と言われている中で、自分はこの先どう生きていきたいんだろうってすごく考えました。

それで1年間やってみて転職活動を始めたんですね。

そうです。仕事を探している時にたまたま、ダイレクト出版で働いていた友人から「ここセールスの募集あるよ」と教えてくれたのでそこから調べました。採用ページを見た時に素直に面白いところだと思ったんです。実は自分の中で決めていることが1つあって、もし会社がなくなって、職を失うことがあっても、一人でもやっていけるスキルを身につけられる会社なのかどうかを考えることです。後は、同年代の誰よりも成長したいという強い気持ちもあったので「この会社だ!」と思い、志願しました。

その会社だけで止まることなく、どこにも通用する人になりたいと思い、APJに入社を決めたわけですね。

そうです。

入社してどのくらいになりますか?

今年の4月からなので半年ですね。

本来セールスの募集で入社していただいて、今はどんな業務にをしていますか?

今は動画に関わる全てに携わっています。動画撮影から編集までやっています。

動画制作の仕事は初めてだったと聞いていますが、いかがですか?難しくはないですか?

最初は何も知らず、たくさんの方に助けられました。
クリエイティブ面では自分が作りたいことを自由に制作できて、たくさんの人にFeedbackをいただいています。大きなプロジェクトに関わる機会が多いので成長速度がとても早いと思います。
難しいところはセールスに適した動画を作ることですね。もちろん、リサーチを重ねて、商品の理解度を高めたりしないといけないですし、デザインなどの感覚を養うために本もたくさん読まないといけないです。動画にも納期は決まっているのでそれに合わせながら、クリエイティブするところが難しいと思います。かっこいい動画が必ずしも売れる動画になる訳ではないので、しっかりターゲットを考えて、勉強を重ねています。日々勉強ですね。(笑)

短い期間にたくさんの仕事をしてきていると思いますが、やりがいを感じた時はいつですか?

自分が作った動画で成果が出た時は素直に嬉しいです。プロモーションでたくさん売れたり、編集したコンテンツが見やすかったと褒めらると本当にやりがいを感じます。やればやるほど、スキルが身につくのでとても楽しいです。

動画はAPJの中でどういう位置づけになっていますか?

映像は昔から影響力の強い媒体の一つですが、専門的な人たちが作っていました。しかし、今はそのハードルが低くなってこの強い媒体をパソコンさえあれば誰でも作れる時代になったと思います。テキストだけでは伝わらない部分をより効果的に、分かりやすく伝える力があるので需要はますます高まっています。映像は目と耳で感じることができる新しいセールスの手法だと思います。時代とともにセールスの一部としてAPJの事業の重要なかなめになっていると確信しています。

APJで働いてみて、どんな会社なのか赤岩さんから感じることなどありますか?

そうですね。まず、手をあげれば何でもできる環境です。やりたいことがあれば何でもやらせてくれます。でも反対に手をあげない、受け身な人にはシビアな会社だと思います。
誰かに言われたことをやるロボットみたいな会社ではなく、自由に考えて、自由に働けるそういう会社だと思います。風通しが良いので、困った時はみんなが助けてくれる、優しい人ばっかりですね。

それでは最後に、APJに向いている人はどんな人だと思いますか?

私の場合、動画に関しては全くの素人で、パソコンも得意な方ではありませんでした。(タイピングができるくらい。笑)しかし、たくさんの方に助けられて今は一人で動画制作も任せてもらえるまで成長していると思います。(まだまだですが…笑)
やる気さえあればサポートしてくれる会社です。成長意欲が高い人・楽しく仕事がしたい人・やりがいを感じたい人はぜひAPJに来ていただきたいですね。APJの動画チームはすごい!っと言われるチームを作りたいと思っています。

ENTRY
エントリー

キャリア採用は、グループ会社のダイレクト出版株式会社が窓口になっておりますので、こちらからエントリーをお願いいたします。
エントリー時や面接時に、「APJ希望」とお伝えください。

ENTRY

PAGE TOP